発音の重要さ

英語で一番大切な要素といえば、間違いなく発音です。
発音さえできれば後は、自然に英語力が育ちます。少なくともマイナスにはならないでしょう。
英語の発音ができていると、多少勉強しない時期があっても、すぐに元の状態以上に戻ります。
発音がいいかげんなまま、音読やシャドウイングをしても力はつきにくく、
一時的に英語の試験などでよい結果が出ても、それは本当の実力か怪しいものです。

発音はすべてに関わってきます。例えば単語を覚えるにしても、
その単語の発音を無視したままでは、覚えたとは言えないでしょう。
音読にしろ、シャドウイングにしろ、発音をほったらかしたままいくらやっても
掛けた時間だけの効果はでないでしょう。英語力は発音を学ぶことによって
身に付くのです。

最近は発音ができればリスニングができるようになるとたびたび耳にします。
これは確かにその通りです。しかし、発音が綺麗になれば、すぐにリスニングができるようになるわけではありません。
発音がリスニング力に貢献するのに、しばらく時間がかかります。なじむのに時間がかかるのです。
だから今現在発音をよく知らないという方はできるだけ早く習い始めることをお勧めします。
学び始めて半年くらいは発音の恩恵を受けられないかもしれませんが、それからは一気に英語力が上がります。
ごまかしのリスニング力ではなく、本物のリスニング力を身につけましょう。

発音を学ぶにはどうしたらよいのか。現在は英語の発音を学べる教材がいくつかあります(UDA式,英語耳)。
しかし断然お勧めなのは、ハミングバード方式です。口と舌の形の組み合わせで英語の音を表現するという方法です。
一見怪しく思うかもしれません。しかし、体験者の上達ぶりをハミングバードのサイトで動画で見ればこれが確かな方法だということが分かります。
何より管理人はハミングバードによって発音を身につけました。

ハミングバードが近くにない場合、自宅学習に向いたUDA式をお勧めします。

具体例でみる発音の重要さ

例えば英単語のinterestingを覚えるとします。
この単語を覚えるには、スペルと意味と発音の3つを覚える必要があります。
現在英語を学習中の方、これまで受験などで英語を勉強したことのある方の多くは
スペルと意味しか覚えてこなかった可能性が高いです。
「おいおいちょっとまってくれよ!おれは発音も覚えてるぞ!インタレスティングだろ。」
と反論したくなるかもしれませんが、この“インタレスティング”は完全な日本語発音です。
日本語の音でできるだけ英語の音に近くなるように再現しているだけです。
正しい発音は、です。
正しい音で覚えていないということは、その単語をだいたいで覚えた状態なので、
英語を聴いたり話したりするときに、相手がネイティブスピーカーの場合に一方通行になってしまいます。
実際的な場面では、 資格試験のTOEICやTOEFL、英検のリスニングで、
日本語発音で覚えたために多くを理解できず悲惨な結果に終わったり、
仮にそこそこの点を取ったとしても、リスニング中はどこか不安定で頼りない、
自分が正解を選んだかどうかが分からないもどかしい状況を体験すると思います。
もう少し詳しく述べますと、リスニングの話者が「Thank you for your interesting lecture!」と言った場合、
interestingをインタレスティングで覚えていると、音の比較の作業を余分にすることになります。
どういうことかと言いますと、
「○○○(聞き手がなんとなく聞いたもの(正しい英語の音だが、
正しい音を知らないのではっきりと聴けない))と、インタレスティングはなんとなく似ているぞ。
よし、これはinterestingだ。」ちょっと大げさではありますが、
一瞬の間に発音をしっかり学んでいれば必要ない、余分な作業をすることになります。
発音の基礎を身につけていれば、音を聴き取れたかどうかで済みます。
現在発音を理解していないぞという方も、全然遅くありません。
今から着実にやれば、案外すぐにものになります。
何事も始めるのに遅すぎることはありません!
英語の発音の大切さを理解したあなたは、 すんなり発音を学ぶことができます。







表示確認

このページは、Mozilla Firefoxで最適化されています。


Copyright© 2006- 確かな英語力. All Rights Reserved.