この本だけはやれ

今回は、僕が使用した参考書で大きく力が付いた本を紹介します。

現在(2006年4月)の僕のTOEICの点は850点ですが、結局勉強に使った主な教材は、
文法の問題集を除いてこれらだけでした。

少数の良き本を繰り返しやることの大切さを実感しました。ではそれらの本の紹介です。

なんと言っても、読解はこれで決まりでしょう。英文を頭から読めるようになる本です。
僕はこの本より素晴らしい読解の本を知りません。この本を習得すれば読解に関しては問題はありません。

杉村太郎さんの本です。この本はモチベーションを上げるという点でも非常に大きな効果を発揮します。
また、僕はこの本を通じて英語を英語のままで理解するということの大切さを知り、今では日本語に訳そうとする癖はなくなりました。
この本が僕のサイトに大きな影響を与えている1冊です。是非読むべきです!

とても有名なDUOです。
学習の初期にメイン教材として利用しました。
単語の暗記から、英文の理解、リスニングの練習と、まさに基礎的なことをすべて学ぶことができます。
ちなみにCDは「復習用」を利用してください。「復習用」で聞き取れるようになれば、TOEICでもほとんど大丈夫です。

この本は、TOEICを受験される方は是非メインにして利用すべきです。
なかなかない良書で、僕はこれで音読やシャドウイングをしました。
これのTOEFL版もとてもお勧めです。TOEIC,TOEFLの両方とも基礎編と完成編があるのですが、
共に基礎編のみで充分です。
この本の中身は高校の英語の教科書です。
高校の英語の教科書は、音読などにもってこいと言われています。
音読の効果がどうのこうのという前半は読む必要ありません!
とにかく後半の英文をひたすら音読しましょう。
飽きるほどに、暗唱できるほどにやり込むのがいいです。

これらの本は間違いないです。これらの教材を、”正しい方法で”音読や
シャドウイングをすればみるみる力がついてきます。
僕が実際に音読やシャドウイングに使った時間は少しでしたが、
力は相当付きました。







表示確認

このページは、InternetExplorerおよびMozilla Firefoxで表示確認しています。


Copyright© 2006 確かな英語力. All Rights Reserved.