資格試験は受けるべき

TOEICや英検などは是非受けるのをお勧めします。

満足のいくレベルまでは受けないと決めるのではなく、とりあえず受けてみるのがよいです。
普段の自分自身が監督者の学習ではどこかに甘えが生じます。
できてないのに、まあまあできてるとつい思ってしまうところが危険なのです。

その点TOEICなどはまさに客観的な試験なので、事実が分かります。
苦手なんだけど目をつぶっておきたいという部分も浮き彫りになります。
できてないという恥ずかしい思いや悔しさはあるでしょう。
でも自分の足りない部分が明確になるということは普段の勉強の中ではありません。
足りない部分が明確になっていない状態で勉強しても効果は薄いですが、
これが足りないんだと分かれば、それをやるだけで英語力はアップです。

また、資格試験はTOEICだけなどと絞らないで、例えば英検もTOEFLも受けてみるのがよいです。
なぜなら、いくら読解とリスニングの力を測る試験であっても傾向が違うので、足りない部分がよりはっきりします。
例えば英検だけを受けていたら、単語力と英作文能力が足りないことが分かったとします。
でも英検はリスニングの部分が少ないので、本当はリスニングが一番対策すべき部分なのかもしれないのに、
それに気づけない可能性があります。
その後TOEICを受けてみるとリーディングよりリスニングの方が遥かに弱いことが分かる場合があります(僕がまさにそうでした)。
ですので足りない部分を明確にするということで兎に角受けるだけ受けてみてください。







表示確認

このページは、InternetExplorerおよびMozilla Firefoxで表示確認しています。


Copyright© 2006 確かな英語力. All Rights Reserved.