リスニングは質の悪いスピーカーで

いきなり意外なことを書いたので、何のことか分からないかもしれませんね。

今回は案外小さなことだけれど、リスニングに大きく関わってくる話です。

それはタイトルに書いた通り、リスニングをするときは質の悪いスピーカーを用いる
ということです。というのも、普段から質の良い、音が綺麗なスピーカーでリスニングの勉強をしていると
資格試験などでの質の悪いスピーカーで聴くときに、何を言っているのか分からないということがあるからです。

また、普段から質の悪い1000円くらいで買えるスピーカーでリスニングの練習をしておくと
質のよいスピーカーで練習するときと比べて負担が大きく、リスニングの力がつきやすいです。

やってみると分かりますが、想像以上に効果があります。







表示確認

このページは、InternetExplorerおよびMozilla Firefoxで表示確認しています。


Copyright© 2006 確かな英語力. All Rights Reserved.